太陽光サーチャージという名前の制度を聞いた事があるという方は多いと思いますが、この名前は通称で、正式名称は「太陽光発電促進付加金」といいます。

電気料金を支払った際に一緒に数十円から百円ほど支払われているかと思いますが、中にはいきなり少しとはいえお金を余計に支払わされていると不満に感じた方もいるのではないでしょうか。

この制度によって集められたお金は太陽光発電普及のために利用されているといいますが、実際のところこの制度で得られたお金は何に使われているのでしょうか。

太陽光発電促進付加金は現在は太陽光発電システムを利用している方が利用できる売電制度のための予算として利用されています。

太陽光発電で得た電気を電力会社に売却する事が出来る売電制度は数年前までより多くの方に太陽光発電システムを導入してもらうために買取価格を非常に高額に設定していました。

そのため売電のための予算が大幅に不足しため今回の制度によって予算を確保しなければならなくなり、現在太陽光サーチャージとして毎月お金を支払う事になったということです。

実質電気料金が値上げしたのと同じということで批判も多いそうですが、太陽光発電の普及のためにはどうしても必要な予算であるとのことです。