太陽光発電システムは世界中で普及が進められており、当然日本でも太陽光発電普及のために様々な活動が行われています。

中には多くの人から不満が上がっている活動もあり、その一つが太陽光サーチャージと呼ばれる制度です。太陽光サーチャージは太陽光発電の普及のために支払わなければならないとして国民全員が支払っていますが、実際に支払っている人の中には具体的にはどんな目的で集めたお金が使われているのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

太陽光サーチャージは主に売電制度の予算として用いられているといいます。売電制度とは太陽光発電システムを導入している人や企業が利用出来る制度で、太陽光発電によって得た電力を電力会社に売却することで利益を得ることが出来るという制度だそうです。

予め売電用の予算を用意していないのかと思う方もいるかもしれませんが、現在の太陽光発電の売電価格は一人でも多くの人に太陽光発電を導入してもらうために非常に高額に設定されているらしく、現在は用意していた予算を簡単に超えるくらい多くの方が太陽光発電を導入し、予算不足に陥ってしまっているそうです。

つまるところ太陽光サーチャージを支払う理由は太陽光発電普及のためのしわ寄せという事になります。