2011年から始まった太陽光サーチャージ制度は太陽光発電普及のために作られた制度で、毎月の電気料金に加えて支払う事が義務付けられるようになりました。

決して高いわけではありませんが、実質的な電気料金の値上げということで不満の声を上げる人も多いようです。

太陽光発電システムを導入していない人にとっては自分とは関係ない料金を支払っているようで不満を感じるかもしれませんが、太陽光発電システムを導入している人もわざわざ大金をはたいて太陽光発電システムを導入したのに、電気料金を余計に支払う事になると不満に感じている人もおり、あまり太陽光サーチャージは良い印象をもたれていません。

そんな太陽光サーチャージは一体何が目的で支払わなければならなくなったのでしょうか。

太陽光サーチャージの支払いは太陽光発電システムにまつわる制度を機能させるために一時的に設けられた制度だそうです。

現在太陽光サーチャージによって回収された資金は太陽光発電の売電制度用の予算として利用されており、太陽光発電を導入している人は売電で得る事が出来る収入の一部を自分で支払っている事になります。

予定では平成26年には太陽光サーチャージは終了するそうですが、それまでの間に予算の問題は解決するのでしょうか。