太陽光サーチャージによって実質的に電気料金が値上げしてから既に2年が経過していますが、この制度が何の役に立っているのかイマイチ見えてこないという意見を持つ方は少なくありません。

正式名称である太陽光発電促進付加金の通りなら太陽光発電の促進のために支払われているという事になりますが、具体的に今まで支払われてきたお金はどのような形で利用されていたのでしょうか。

太陽光サーチャージによって集められたお金は現在売電制度の予算として利用されています。売電制度とは太陽光発電によって得た電気を電力会社に売却することで利益を得る事が出来るという制度なのですが、この制度は太陽光発電をより多く普及させるためにかなり高額な買取価格に設定されていました。

それだけならまだいいのですが、料金を上げすぎたせいで用意していた予算だけでは確実に制度が波状してしまうため、太陽光サーチャージを開始して足りなくなるであろう予算を穴埋めする事になったそうです。

太陽光発電を普及させるために用意した売電制度を機能させるために用いられているのですから一応は太陽光発電普及のために使われているという事になりますが、波状してしまう制度を初めから行わなければならない状況というのも改善できないものなのかとも思ってしまいます。