太陽光発電システムを普及させるための様々な活動をこの数年の間で多く見てきたという方は多いかと思いますが、それらの中にはかなりの無理を強いた制度も多く合ったようです。

現在そのしわ寄せがいたるところで表れているらしく、太陽光サーチャージもそんな太陽光普及のために行ってきた制度を波状させないために作られた制度の一つです。

気が付けば毎月数十円から百円ほどお金を支払っていますが、この制度と太陽光発電の関係は具体的にどのようなものなのでしょうか。

太陽光サーチャージによって電力会社が得たお金は現在は太陽光発電の売電制度の予算として利用されているそうです。

売電制度は太陽光発電によって発電した電気を電力会社に売却して利益を得るという制度なのですが、現在売電価格を高額に設定したことで不足してしまっている予算の穴埋めとして太陽光サーチャージ制度を実施せざるを得ない状況下なため、国民に負担を強いてもらっているそうです。

太陽光発電システムを導入していない人にとっては全く関係ない事柄なので、イマイチお金を支払う事に納得いかないという方も多いかと思いますが、そういった疑問に対しての回答を掲載しているサイトも公開されているので、この制度に疑問を持っている方は一度アクセスしてみてください。