平成21年度から開始された太陽光サーチャージは数十円から百円ほど電気料金をプラスする制度で、実質電気料金が値上がりしたとして話題となりました。

しかしこの制度自体が何の目的で作られたのか具体的に答える事ができないという人も多いらしく、よく分からないままに料金を支払い続けている方もいるそうです。

もちろん何の目的も無くこんな制度が生まれたわけではなく明確な理由が存在するのですが、一体どうして太陽光サーチャージは生まれたのでしょうか。

太陽光サーチャージは太陽光発電を普及させるために必要になった制度だといいます。具体的に何に使われているのかというと、現在は太陽光発電システムを利用している方が利用できる売電制度の予算に回されているそうで、太陽光発電システムを利用している個人や企業が電気を電力会社に売却した時の買取金額を支払うための財源に用いられているそうです。

現在売電価格はかなりの高額に設定されているため、電力会社が用意した予算ではとても全ての買取額を賄う事が出来ないため太陽光サーチャージを利用しているそうですが、まだ太陽光発電を導入していない人にとっては特にプラスになる制度では無いので制度に対して不満に感じる人も決して少なくないそうです。