将来起こりえるエネルギー問題を解決するための手段として古くから注目されて期待要綱発電システムですが、それを多くの世帯に普及させるための活動の中にはあまり歓迎されていない活動も存在します。

そんな活動の一つが太陽光サーチャージと呼ばれる制度で、この制度が実施されるようになってから毎月の電気料金が数十円から百円ほど高くなってしまいました。

この制度のおかげで売電制度という太陽光発電システムを導入した企業や一般家庭で利用できる制度は機能させる事が出来るようになったといいますが、太陽光発電システムを導入していない人にとっては光熱費の負担が増してしまうので、お世辞にも歓迎された制度というわけではありません。

果たしてこの制度はいつまで続くのでしょうか。

太陽光サーチャージには期限が設けられており、現在予定されている帰還は平成26年の4月分から9月分の電気料金に適用となる分が最後の太陽光サーチャージの支払いになると予定されています。

ひょっとしたら太陽光サーチャージが終了する前に似たような制度が始まることもあるかもしれないので、電気料金の支払額が減るかどうかははっきりとは分かりませんが、制度の期限までの間に太陽光発電を取り巻く情況が好転してくれていることを願うばかりです。