平成21年から始まった太陽光サーチャージは太陽光発電普及のために毎月の電気料金に数十円から百円ほど加算するという制度で、多少なりとも家計に影響を与えているいますが、この制度が工場等の多くの電力を使用する施設に与える影響は数十円で澄まされるものではありません。

というのもこの制度は電気の使用量の応じて支払額が増減するようになっているため、工場等の大きな施設を動かしている企業の光熱費に多大な影響を与えてしまうのだそうです。

太陽サーチャージによって大きく上昇する企業の光熱費は特に中小企業に大きな影響を与えるといいます。

多くの利益を生み出す事が出来る大企業ならまだ対処のしようがありますが、町工場などが運営している工場にとっては負担額は毎月の支払額は非常に大きなダメージにつながりませんし、下手に電力使用量を減らそうとしても機械の運転を停止しては仕事にならないため、注文量が減少傾向にある工場では状況を改善しようが無い上体まで追い詰められるところも出てくるのではという声も出ています。

こうした状況を改善するためにも太陽光発電を導入しようという声もありますが、そんな初期投資を行う余裕はないという企業は制度が終了する平成26年までひたすら耐え続けなければならない状況だそうです。