earth300数年ほど前から太陽光サーチャージという名前の制度が現れて電気料金を支払う際に百円程度の追加料金が支払われるようになりましたが、この太陽光サーチャージは太陽光発電をより多くの人に普及させるための追加料金として支払いを義務付けられるようになったそうです。

 

 

正式名称は太陽光発電促進付加金という名で、中にはしばらくこの料金を支払っている事に気づかない人や未だにこの料金が何のためにあるものなのか把握していない方もいるそうですが、この制度はどのような形で太陽光発電の普及に役立っているのでしょうか。

 

 

太陽光サーチャージは主に太陽光発電システムを導入した方が利用できる売電制度を機能させるための用いられるといいます。

 

 

売電制度は太陽光発電によって得た電気を電力会社に売却する制度で、太陽光サーチャージはその買取金額を賄うために用いられている制度と解釈する事が出来ます。

 

 

わざわざ太陽光発電システムを持っている人のためにお金を払っているのかと思う方もいるかと思いますが、この支払い義務は国民全員が持っているものなので、一概に太陽光発電システムを持っている人だけが得をしているというわけでもないということは忘れてはいけません。